そもそも切れ毛や抜け毛になる男性というのは、やはり男性特有の頭皮環境に原因がある場合が多いようです。

どういうことかというと、髪の再生サイクルと言うかヘアサイクルが乱れてしまうような頭皮環境になっているということです。

そもそも髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しているわけです。

でも、頭皮の環境が良くないとこのサイクルが乱れてしまうわけで、とくに成長期に十分に髪が成長しないということになってしまうわけです。つまり、成長期の期間が短くなってしまうのです。

成長期間が短ければ、当然抜けるなり切れるなりダメージヘアの割合が増えてしまいます。それが抜け毛や切れ毛が目立つことになるというわけです。

頭皮環境が良くない状態というのは皮脂が多かったり、血行が悪かったりということが大きく関わっています。

血行不良は、頭皮のターンオーバーに影響を及ぼし、古くなった角質が頭皮にそのまま残りやすくなるのです。そうなると毛穴が詰まったりもします。

皮脂の過剰分泌は、頭皮に菌の繁殖を増やしてしまい、炎症が起きたりもします。
こういった頭皮環境の悪化は先天的なものではなく、後天的なもので誰にでも起こりえます。

なので、日頃使うシャンプーからまずは改善してみることです。
で、どういったシャンプーを選ぶのがいいのかっていうと、シャンプーは頭皮環境を整える役割があるので、シャンプーしたときに頭皮の汚れなどを洗い流してくれます。

ただし、皮脂は過剰に洗浄しすぎるとかえって大量に出ることもあり、バランスが必要です。

要するにあまりにも洗浄力が強いとかえって逆効果になることもあります。

なので、おすすめはアミノ酸系のシャンプーです。刺激が少ないので、頭皮にもいいです。で、その中でもオーロラシャンプーというのが、最近ちょっと注目しています。

知り合いの美容師さんから、フルボ酸のシャンプーがいいということでネットでも探してみたら、男性でも愛用者が多いようです。

使用している成分も信頼性が高いようで、口コミの評価も高かったんです。やはりいい点は、低刺激という点です。

ドラッグストアとかで売っているシャンプーって、石油系シャンプーとかが主ですよね。
値段も安いし、洗浄力が強いのですが、強すぎるわけです。なので、髪のぱさつきやギシギシした感じなりがちなんですよね。

で、シリコンは、そういったことを補う為に使われるコーティング剤を配合しています。単純に、頭皮の洗浄にコーティング剤は、良くないですよね。
毛穴の詰まりの原因になると思うし。

そこで、シリコンを使わないノンシリコンシャンプーがあるわけですが、どうしてもノンシリコンってギシギシしてしまい、指通りが悪くなるイメージがありますよね。
けど、オーロラシャンプーって、シリコンが入ってないけど潤うと評判でした。
というのは、オーロラシャンプーは、フルボ酸をメインに複数の保湿成分が配合されているので、洗浄してもきしみやぱさつきがないんです。
要するにシリコンがいらないシャンプーというわけです。

オーロラシャンプー 男性にも人気が高いようです。