最近は、男の人にも切れ毛で悩んでいる人が多いようで、知り合いの大学生の男子で、切れ毛がすごいため困っているという人もいます。

で、切れ毛にはたとえば食生活を改善するというのもあります。具体的には、イソフラボンが多く含む大豆やカプサイシンを含む唐辛子などをいっしょに摂るのが効果的みたいです。

豆腐の味噌汁に七味唐辛子を入れるなど工夫してみるのもいいかもしれません。それくらいなら無理なくできますからね。

また、入浴後の頭皮マッサージは、頭皮の血行促進に良いですよ。ただ、男性用の市販のトニックシャンプーとか、スプレーなどは血行促進にはいいのかもしれませんが、やはりアルコールや刺激がある成分が含まれているのでオススメではないのです。

髪が健康的になるかどうかというのは、髪そのもの以上に頭皮環境の影響が大きいのです。頭皮の状態を良くすれば、髪の毛に栄養が行きわたるので髪の毛が健康的になっていくのです。

また、応急処置かもしれないけど、あまりにも切れ毛や枝毛が目立つような場合は、切れ毛など痛んだ髪の部分だけをカットするという方法もあります。

一時しのぎですが。。。

切れ毛とかは、食生活が乱れていることも影響します。とくに男性の場合、若いうちは外食が多くなりがちですから、どうしても食事の栄養バランスがよくありません。

で、偏った食生活を続けているとホルモンバランスが崩れ、切れ毛や抜け毛、髪質にも影響を及ぼしてしまうんです。

なので、ホルモンバランスを整え、切れ毛を防ぐには生活習慣の改善が大事なのです。

他にも睡眠時間のポイントです。睡眠時間は最低でも1日に6時間くらいは取りましょう。また、寝る時間もできれば夜の10時から夜中の2時までが理想です。

この時間帯は、身体の状態を整えるために神経が作用します。なのでこの時間に寝ていることが重要になります。

髪を健康的に維持するには、女性ホルモンであるエストロゲンが重要なんです。
エストロゲンって、なにかというと皮膚、髪を生き生きとさせるはたらきがあります。

で、このエストロゲンの分泌量が減少すると髪のハリやツヤが減るのです。

そのために、正常なホルモンバランスをキープできるように規則正しい生活とバランスのよい食事が大事なのです。

とくに、食事で言えば、大豆製品がいいです。大豆イソフラボンには、エストロゲンに似た働きがあるんですよ。

他にも、ビタミンb6を取りましょう。具体的には、マグロやレバーです。

また、卵には、エストロゲンの原料となる良質なコレステロールが含まれているんです。

ざっとこんな感じで改善していくといいですよ。